待機の指定国から日本への帰国!

海外旅行・旅

この記事では、渡航先の国を出る前から、日本に帰るまでのお話を、書類準備を中心にお話ししたいと思います。

このご時世に海外から日本に戻られる人の中には、「どんな書類を準備しておいたらいいの?」「事前にやっておくことは?」など、不安に感じている方も多いのではないのでしょうか?(ボクがその1人でした。笑)

ということで、帰国から入国、そして、宿泊施設に行くまでの流れを、ボクの経験に基づいて記事にしてみました。

このお話は、ラジオ(音声配信)でもお話ししていますので、声で聞きたい方はこちらから!

出発前

出発前の準備に関しては以下の5つ!

  1. コロナの検査(PCR検査など)
  2. 誓約書のダウンロードと記入
  3. 質問票の提出(オンライン)
  4. アプリのダウンロードと登録
  5. 14日間の隔離の準備

詳しくは、以下の記事に詳しく書いています。

コロナ検査の結果は日本の様式に書いてもらい、いつでも出せるよう手元に準備しておきましょう。

日本の様式

タンザニアでの検査体験記はこちら!

飛行機の中

飛行機の中で、客室乗務員から以下の2種類の書類が渡されました。

健康観察カードと、誓約書です。

誓約書は厚生労働省のホームページからも事前にダウンロードできたので、ボクは事前にプリントして、必要箇所を記入しておきました。

検疫所が確保する宿泊施設での待機・誓約書の提出について
検疫所が確保する宿泊施設での待機・誓約書の提出について掲載しています。

↑ページの下の方に「日本語」「英語」と書かれたダウンロードリンクがあります。

着陸から入国まで

飛行機を降りると、2列になって前に進むよう案内されました。

進んでいくとパイプ椅子が並べてある場所があり、そこで追加の書類を配布され、記入しながら30分くらい待ちます。

書類の記入

読むものはいくつかありましたが、ここで記入が必要なものは2つ。

  • 検疫所宿泊施設の登録票
  • 出国前検査の受験及び入国に当たって必要なアプリのインストールについて

コロナの検査

順番が来ると、書き終わった人から検査に案内されます。

検査は唾液採取だけで、早ければ1分くらいで終わります。

結果が出るまでは、いくつかの部屋に案内され、書類の確認や、アプリのダウンロード、使い方の説明などがあります。

確認後、こんなふうに飛行機で受け取った健康カードに赤字でチェックが入りました。

この健康カードは、待機場所の宿泊施設でも提示が求められたので、無くさないようにしましょう。

アプリについての説明

ダウンロードが必要なアプリはこちら!

※スマホが無いと有料レンタルになるそうなのでご注意を!

そして、以下のような資料を渡され説明を受けます。

わからないことがあっても、丁寧に質問に答えてくださったので安心でした。

検査結果待ち

これが終わると、あとは検査結果待つのみ!

飛行機を降りてからトータルで3時間くらいかかったと思いますが、ここでやっと入国です!

この時は椅子の数の割に空いていて人も少なかったですが、それでも1時間くらいは待ったと思います。

混んでいると5時間くらいかかることもあるそうなので、本など、時間の潰せるもの準備しておきましょう!

上の写真のような「陰性証明」が渡され、パスポートには番号のついたシールが貼られます。

入国後、専用のバスに乗ったり、宿泊施設で手続きをするときなどに、この番号を確認していたので、待機が必要な人を管理するための番号かと思います。

入国後から宿泊施設まで

検査結果を受け取った後は、普通に預け荷物を受け取り、入国も通常通り行われました。

ここの出口の所で待ちます

その後は、到着ロビーの出口の前(上の写真の場所)で同じ待機場所にいく人たちが全員出てくるのを待ちます。

係員さんが出てきた人をリストで確認し、揃ったところでバスに乗って出発。

宿泊施設は知らされておらず、到着するまでどこになるかわからないようです。

ボクの場合は、成田空港の近くの東横インでした。

宿泊施設に着いてから

宿泊施設に着くと、ロビーにたくさんの机が並んでいました。

担当のスタッフさんに、書類を提出し

3日間の過ごし方についての説明を受け、以下の書類を渡されました。

さて、この説明が一通り終わると、体温計とビニール袋に入った最初の食事を渡され、いよいよ部屋に案内されます。(ワクワクです。)

結構豪華な食事でびっくりです。

カップラーメンは希望者のみ、ミネラルウォーターは初めだけでしたが、昼は「お弁当」の他に「お茶」「ジュース」「味噌汁」、夜はこれに加えて「ミニサラダ」が付いてきました。

朝はもう少しシンプルですが、十分すぎるくらいです!

滞在中の食事や生活全般、健康観察チャットについてはこちらの記事をご覧ください!

さいごに

実は、ボクの出発を目前に、滞在していた国タンザニアが3日間の「水際強化措置に係る指定国・地域」に入ってしまったのです。

ということで、検疫所の用意してくれる待機先の宿泊施設(ホテル)に3日間隔離をされることになっています。

最初は、「うわ〜…入っちゃったか….。」なんて思ったのですが、「なかなかできない経験だ!」と、ポジティブに捉えることにしました!

そもそも、これは国が国民の安全を守るためにやってくれていることなので、むしろ感謝せねばなりませんよね?

なかなかできない経験なので、帰国から入国、そして、宿泊施設に行くまでの流れをご紹介させていただきました。

ボクの経験が皆様のお役に立てば幸いですが、対応や内容(※指定国や日数など)などはその時々の状況に応じて変わっていくと思いますので、厚生労働省や外務省のホームページから最新の情報を確認するようにしてくださいね。

新型コロナウイルス感染症について
外務省 海外安全ホームページ
海外に渡航・滞在される方々が自分自身で安全を確保していただくための参考情報を公開しております。

このお話は、ラジオ(音声配信)でもお話ししています。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました