【紹介用】わくわくアイランド -わくわくする出会いと、ゆる〜い交流-

企画名

わくわくアイランド -わくわくする出会いとゆる〜い交流-

※スマホでも参加できますが、第二部はパソコン推奨です。

参加費について

無料
(※ただし、通信費はご自身でご負担ください。)

準備するもの

  • デバイス:パソコン、もしくはタブレット(スマホでも参加可能ですが、第二部のツールは使いづらいことをご承知ください。)
  • Wi-fiなどのインターネット環境
  • 好きな飲み物、おつまみ、お菓子
  • 人の話をあたたかく聞く優しい心

参加者について

定員20名

※Gather Townのツールの無料利用制限により、わくわくアイランドの定員は最大25名です。
企画者3名、発表者2名を除くと、参加者は最大20名になります。

こんな人に参加してほしい!

  • ワクワクしたい人
  • ゆる〜い交流がしたい人

当日の流れ

第一部 Zoomでプレゼン(60分程度)

  1. 初めの説明など(10分)
  2. 発表者①みっすーさんのプレゼン(15分)
  3. ブレイクアウトルームで感想共有(5分)
  4. 発表者②いっぺいさんのプレゼン(15分)
  5. ブレイクアウトルームで感想共有(5分)
  6. 第二部(わくわくアイランド)の説明(10分)

その後、島へ移動(自由に席が移動できるGather Townというツール)
※スマホでも参加できますが、パソコン推奨のツールです。

第二部 わくわくアイランドで交流(自由解散)

  1. 発表者を囲んで交流(20分)
  2. テーマ別フリー交流(∞分)※ここからは自由に退出して良い

話したい人と自由に話す、大人はお酒を飲んでOK!
ちなみに前回は、NGOやJICAで働く人、教師、協力隊OB、シェアハウスを作ってる人(地方創生)など、面白い経験をした方々が参加してくれました。

このイベントは2回目で、やりながら試行錯誤していくためトラブルあってもそこは多めにみてください。少しずつ改善をしながら、これからも定期的にこのような会を開いていく予定です!

応募の仕方

別途、応募フォームを用意しますので、そちらに必要事項をご記入ください。

企画者について

企画者①:Reina(大野玲奈)

 中学生の頃から、海外、特に東南アジアに対し憧れを持ち、高校生の時に協力隊経験者の方が講演をしてくれたのをきっかけに、大学では国際協力を学ぶことに。
 大学入学後は、ゼミナール活動として、マレーシアの水上集落でリサイクルシステムの構築プロジェクト・高齢化が進んでいる団地での暮らし向上プロジェクトに参加。北海道のキャンパスで農業の実習や研究に取り組んでいる。外部の活動として、過去にPOPUPストアの運営、現在はNPO法人「SALASUSU」のツアー部門で、長期インターンをしている。
 インドネシアで、「生まれ育った環境の違いによる機会の不平等」を知ったのをきっかけに、大学卒業後は国際協力に携わりたいと考えている。

企画者②:Baba(馬場真樹)

 福島県会津出身。小学6年生のときに震災があり、震災を自分が変わるきっかけとして躍進していく大人・同級生と出会い、2浪して医者を志すも不合格。
 立教大学の理学部に入り、大学内でリーダーシップの授業をしたり、インターン先で高校生が自分のやりたいことをプロジェクト化するPBLの半年間のイベントを行ってきた。海外に対して約20年間興味がなかったが、今JICA協力隊を目指している。

企画者③:Sasa(笹瀬正樹)

 教員採用試験に落ちたことをきっかけに青年海外協力隊への参加を決意。パプアニューギニアで人生がガラリと変わる。協力隊時代は、小学校の先生として理科と算数の授業を担当する傍ら、生徒と一緒に社会問題をテーマにした音楽制作プロジェクトを行なった。
 帰国後は企業に就職するも半年足らずで退職。2018年から、タンザニアの女子教育や女性エンパワーメントの推進を目指し活動するNGOに所属し、タンザニアのアルーシャ州にある「さくら女子中学校」で活動している。
 夢は、パプアニューギニアやタンザニアの子どもたち・若者が、日本の子どもたち・若者とともに学んだり、交流したりする場作りをすること。現在、その夢を叶えるための第一歩として、一般社団法人「Wakwak for Everyone」を立ち上げ準備中!

タイトルとURLをコピーしました